ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

フォーミュラーワン

みなさん、こんばんは。

今日は僕がクルマを好きになったきっかけを語るシリーズです。今回はフォーミュラーワンとの出会いです。

 

子供の頃から夜更かしが苦手だった事もあってフォーミュラーワンという存在を知ったのは中学校3年生の時でした。初めてTVで見たのは1998年の鈴鹿グランプリです。これはたまたまTVをつけたら生中継をやっていてマクラーレンメルセデスミカ・ハッキネン が勝利してシリーズチャンピオンになったグランプリです。

 

これがきっかけで翌年から深夜の録画放送を頑張って見るようになりました。今思い返すと高校の3年間は新聞配達のバイトで朝の3時起きだったから授業中に睡眠を取っていたとしか思えない生活でした。

 

この話で気がついた方もいるかもしれませんが、僕のレースヘルメットはミカ・ハッキネン のヘルメットカラーを使わせてもらっています。特別ドライバーとして応援していたかと言えばNOです。昔から特定のチームやドライバーを応援する事はあまりなく、クルマの動きやドライバーの心理状況を想像しながら見るのが僕のフォーミュラーワンの楽しみ方です。

 

無料の録画放送をフジテレビが放送していた時代は熱烈なファンじゃなくても寝る前にフォーミュラーワンを見る人がいたので、職場で話題になる事があったんですが、有料放送でしか見れなくなってしまった最近は話題には全く上がらなくなって寂しい限りです。

f:id:chackblog4:20191121005514j:plain

左が旧GP-5S、右が去年買ったGP-6

◆ちゃっく鈴木

Twitter : https://twitter.com/chack0325