ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

最終日 前編 / 友人のクラッシュ

みなさん、こんにちは。

今日は昔ヤプログに掲載したニュルブルクリンクへ走りに行った時の記事の再掲載その11です。ついにドイツ旅行も最終日のトラックデーを迎えました。

 

トラックデー

トラックデーというのは日本のサーキット用語に置き換えるとコースを貸し切ったショップ主催の「走行会」です。事前に主催ショップに申し込みをして参加をする仕組みです。僕らみたいに異国から走りにいく場合は、クルマを貸してくれるレンタルショップが代行してショップに申し込んでくれます。

 

BMW E90

受付が8時頃から始まるということで6時起きで準備を開始。朝ごはんも軽く済ませチェックアウトをしレンタルショップに向かいました。残念ながら昨日の走行でエンジン不調となったBMW E36は使えず、代わりに乗ることになったのはBMW E90。E36が非常に良い動きをしていただけに残念だった。

 

受付

受付場所はコースインゲート横の仮設テント、名前と国際免許証を確認され誓約書にサイン。漢字のサインが受付のお姉さんにウケたのは余談です。トランスポンダーとゼッケンを受け取りますが、このトランスポンダーはタイム計測用ではなくなんと音量計測用。コースサイドで排気音を計測していて、あまりにも規定以上の排気音の車両は走行を止められるようです。

 

友人のクラッシュ

今日はは友人と2人で1台のクルマをシェアします。3周を1セットとして代わる代わる運転することにしました。まずは昨日走行していない友人が1本目を出走しました。3周と言っても30分近くかかるので駐車場を徘徊したりで暇つぶし。30分ほど経ったところで友人が戻ってきましたが何やら様子が変。クルマから降りてきた友人から事情を聞くとスピンしてガードレールに激突したらしい。

 

パッと見は分からなかったが、よく見るとホイールリムにガリ傷があって、ミラーやボディのカッティングシートに一部傷があったりと接触の後がありました。当人はクルマの損傷度合いが思いのほか少なくて驚いていたが、それほど激しい外傷も無くクラッシュ後も半周して戻って来れているので問題ないと判断。早速2本目を私が走ることにしました。

 

 

◆ちゃっく鈴木

Twitter : https://twitter.com/chack0325