ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

スターレット試算

みなさん、こんばんは。

大好評(?)のレース参戦費用の試算です。今回はスターレットを中古で購入してレースをはじめる場合の金額をはじいてみました。狙うレースは筑波シリーズのTTC1400です。

 

初期投資額合計:約136万円

(内訳)

  車両本体:70万円

  タイヤ/ホイール:20万円

  シートベルト:6万円

  車両運搬費:10万円

  修理/補修予備費:30万円

 

年間参戦費用合計:約137万円

(内訳)

  車両保管:20万円

  エントリー(5戦):22万円

  タイヤ(2.5セット):15万円

  消耗品:50万円

  練習走行(12回):30万円

 

ちょっと高く見積もり過ぎている可能性もあります。中古の車両価格は程度によってはもっと安く手に入る可能性もあります。70万円くらいの程度の良い車両が手に入れば修理/補修予備費は必要ないかもしれませんね。

 

なんだかんだとお金がかかるのがハコ車と聞くので年間参戦費用も消耗品を少し多めに積んでます。それでも今まで試算した中では最安です。筑波と富士では安定的に台数が集まっているカテゴリーなのでオススメです。

 

 

◆ちゃっく鈴木

Twitter : https://twitter.com/chack0325