ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

日本にもアウトバーンが欲しいよね

みなさん、今週もお疲れ様でした。

今週は一気に気温が上がってバテ気味です。もう3ヶ月髪を切ってないので湿気でボッサボサになって鬱陶しくてしょうがない。今週末こそは散髪に行こうと思います。

 

今週のトピックは首都高での80キロ超えのスピード違反&事故のニュースですかね。世間的には走り屋とアマチュアレーサーが似たような存在と認識されているので、この手のニュースが出ると私のSNS界隈は敏感で異様な賑わいを見せますね。

 

ルールを守れない人はサーキットに勧誘しないで欲しいというコメントをよく見ました。これは私も同意見です。それともうひとつ・・・高速道路でスピード(車速)を出すことに喜びを感じるタイプのクルマ好きはサーキット走行には向いていません。間違いなくフラストレーションが溜まって、サーキットの帰りの高速道路でその鬱憤を晴らすことでしょう。

 

私の友人でもこの手のタイプは非常に多い。そして私は彼らのことは嫌いでは無い、むしろ愛すべきクルマ馬鹿どもです。でも私は彼らをサーキットに勧誘することはありません。クルマに対しての楽しみ方が根本から違うんだから誘っても意味がないんですよ。サーキットでは彼らの欲求を満たせないんです。

 

残念なことに、この手のタイプのクルマ好きが欲求を満たせるステージが日本にはありません。海外の一部の国にはアウトバーンと呼ばれる速度無制限区間のある高速道路がありますが日本には存在しません。180キロまで速度が出せるクルマが売られているのに、その性能を出せるのがサーキットしかないっていうのはおかしな話だと思いますよ。

 

日本にもサーキットよりも低リスクで最高速度チャレンジが合法的にできる道路があったら、どれだけ楽しいかと思う今日この頃でした。