ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

JAFライセンス

みなさん、こんばんは。

先週は耐久レースのご紹介をしましたが、この耐久レースに慣れてくると次のステップはいよいよJAF公認レースになってきます。このJAF公認と非公認の間のステップアップは入念な準備がいるという点で、今までよりは難しいものとなっています。

 

公認というだけあって今までの野良レースよりも細かくルールが定められています。このルールを徹底させるためにJAF公認レースに出場するためには、 講習を受けてルールを学んだ証であるJAFライセンスが必要になります。

 

主にライセンスは2つあり、レースでは無い競技会(ジムカーナやタイムトライアル)に出るためのBライセンス。そしてレースに出場するためのAライセンスがあります。各々の取得方法はJAFのホームページに記載されているのでそちらをご覧ください。

 

ライセンスの取得方法|JAFモータースポーツ

 

JAF公認レースへの出場は正直に言ってハードルは高いです。来週以降でブログに書く予定ではいますが、ライセンスはもちろんの事、クルマや装備品を揃えるだけでも気軽に出せる金額以上が飛んでいきます。

 

それでもJAF公認レースに挑戦するのには明確な理由があります。定められたルールの中でハードルを超えてきたドライバー同士で競うからこそレースリザルトに価値が出てきます。レースやってる人と話をする時も公認のリザルトの有無で反応は大きく違いますからね。自己満足といえばその通りなんですが、趣味のレースなんて自己満足以外のなにものでの無いのだから、どうせなら突き詰めた方が面白いんですよ。

 

とは言ってもJAF公認レースに向く人、向かない人というのは間違いなくあるので明日はそのお話をしたいと思います。

 

 

◆ちゃっく鈴木

Twitter : https://twitter.com/chack0325