ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

草レース初優勝

みなさん、こんばんは。

今日はむかし話シリーズから草レースで初優勝したときの事をお話します。

 

少し前回から時は過ぎて草レースに出場してから2年目の事です。当時はロードスタークラスのBクラスで戦っていました。NAロードスターの1.6リッターではなかなかAクラスに上がれず悔しい思いをしていた時期でした。とはいえ1.6リッターのNAロードスターも速い人たちが一定数いてBクラスの表彰台も難しくまだ優勝経験はありませんでした。

 

私の初優勝は富士スピードウェイジムカーナ場でのオーバルレース。ようやく周りと同じハイグリップ銘柄のタイヤを履いて、クルマの特性もつかめてきた頃に、ようやくBクラスのポールポジション。裏を返せばもう少し速ければAクラス入りだった説もあるんですけど・・・。

 

決勝ヒートも2位と3位と競りつつもなんとかトップを死守してましたが、最終ヒートで周回遅れと交錯してクラッシュしレースは赤旗中断。幸いなことに左ドアが大きく凹んだだけで走行に支障はなく、赤旗がでた前の周の順位で再スタートし初優勝をする事が出来ました。

 

少し苦い初優勝になってしまいましたが、この時友人に言われた事をよく覚えています。「あれだけクラッシュしていながら心折れずに走れるのはビックリした」・・と。個人的にはこの言葉をポジティブには捉えていなくて、精神的にも視野が狭くなっていたんだなと深く反省しました。

 

それと後日、ベコベコに凹んだ左ドアをヤフオクで落札してコツコツ直した事のほうも今となっては良い思い出です。

 

 

◆ちゃっく鈴木

Twitter : https://twitter.com/chack0325