ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

レーシングカーのメンテナンス

みなさん、こんばんは。

昨日はレーシングカーの保管方法について紹介したので、今日はメンテナンスに関してご紹介します。

 

1.全部チームにお任せ

カニックに関しての知識が全くゼロの場合はコレ一択になります。全部チーム(ショップ)にメンテナンスを依頼する事になりますが、当然費用もかさみます。費用はチームごとに様々ですが年間フル参戦するのが決まっているならば年間契約するのが良いですが、月払いにする事も可能かと思います。金額はピンキリで交渉次第です。安くすればするほど、メカニックは若手になり、作業の優先度が下がります。

 

2.全部自分でメンテナンスする

カニックの知識がある場合は自分で全部メンテナンするのも不可能ではありません。当然、全てを自分で行うので工賃を払う事が無くなり安上がりです。ただしプロのレースメカニックと比べると時間もかかりますし、質も下がってしまいます。もちろんメカに対する日々の勉強も必要になるので、ドライビングに関して考える時間を削られるのは損失になります。

 

3.ハイブリット型

簡単なメンテナンスは自分で行い、難易度の高い作業やレース直前の作業だけをプロのメカニックにお願いをするという方法があります。全部お任せするよりは安価だし、全部自分でやるよりはドライビングに集中できます。油脂類や簡単な消耗部品の交換は自分でやってアライメントやエンジン/ミッションのオーバーホールなどはショップに出すのが定番ですね。

 

個人的な考えとしてはメカの知識はある程度持っていた方がドライビングにも活きると考えているので、自分でできるメンテナンスは自分でやる事をオススメします。自分でやり始めると少しずつできる事が増えていく事もあります。私がスーパーFJやってた時はアライメントやミッションのオーバーホールは自分で出来る様になってましたね。クルマをいじるというのもクルマ遊びの醍醐味のひとつだと私は思っています。最初は全部お任せでもいいとは思いますが、少しずつ自分の作業できる領域を増やすのも楽しみのひとつだと思います。

 

 

◆ちゃっく鈴木

Twitter : https://twitter.com/chack0325