ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

レーシングシューズの選び方

みなさん、こんばんは。

装備品の選び方の第3回目はレーシングシューズです。シューズは足を守る事が主目的となっています。ペダル操作は思った以上に力を入れているので、ふとした瞬間にペダル周りの金属部品にぶつけた時に素足だと怪我をしてしまいます。クラッシュの時も足は拘束されていないので、ペダルに強くぶつけると大怪我にもなります。FIA認証は難燃性能と合わせて防具としての基本機能は押さえておきましょう。

 

最近の流行はローカット

難燃のアンダーウェアが義務化されてきたからなのか、最近はローカットモデルが主流のようです。足首が自由に動くから操作性は上がりますが、覆っている範囲が少なくなるので防御力は落ちる事を覚えておきましょう。

 

ソール材料・デザイン

ソールの厚みを気にする人が多いようですが、薄いと防御力も落ちるデメリットがあります。個人的には厚みよりも材料の方を気にします。押しには硬く、曲げには柔らかいのが理想です。曲がって欲しい位置はペダル操作の癖によるので、自分のペダル操作を客観的に見ておくと良いです。

 

靴の横幅

この横幅も狭いデザインが好まれまる傾向にありますが、ペダル配置がよっぽど狭まいクルマだったり、足のサイズが大きい人でなければ気にする必要はありません。私は靴のサイズが26.0前後なので横幅が気になったことは今まで一度もありません。

 

 

レーシングシューズは扱いが雑だとすぐに痛むので大事に扱いましょう。基本的にレーシングシューズを履くのはマシンに乗り込む時だけにしてピットやパドックにいる時は履き替える事を徹底しましょう。

 

 

◆ちゃっく鈴木

Twitter : https://twitter.com/chack0325