ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

アンダーステアとオーバーステア

みなさん、こんばんは。

今週に入ってSNS界隈がアンダーステアオーバーステアだと騒がしい。

 

1人で走っていた頃はこの2つの言葉は使うことはなかったです。サーキット走行中においては刻々と荷重が変化するので、アンダーもオーバーも運転次第で変わるもの。クルマの状態は自分の頭の中で理解できていれば良かったので言葉にする必要がありませんでした。

 

ただレンタルVITAでレースを始めてからメカニックとセッティングに関して話をする機会が増えました。この時からアンダーステアオーバーステアという単語を使うようになりました。

 

カニックとの会話で気をつけているのは起きた事象だけを伝えること。

 

これが意外と難しいんですよね。運転していると“アクセル踏みたいけど踏んだらアンダーが出そう”とか“これ以上ハンドル切ったらオーバーになりそう”というような場面がありますが、これらは実際に事象は起きていないんですよね。なのでこの場合、私はアンダーともオーバーともメカニックに伝えることはありません。

 

逆にいうと、起きた事象はどんな些細な事でもメカニックに伝えます。その事象がドライビングマターで起きている事だと思っていてもです。洗いざらい話した上でセッティングで解決させる事象とドライビングで解決させる事象に分けて次のアクションを決めればいいだけなのです。

 

運転が未熟だと感じているとどうしてもドライバー側で背負いがちだし、メカニックとの力関係にもよるかと思いますけど、思ったことは口に出して会話するのは大事です。

 

 

◆ちゃっく鈴木

Twitter : https://twitter.com/chack0325