ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

レースレポートDay3(2020鈴鹿クラブマンレースFinal)

みなさん、こんばんは。

今日で鈴鹿クラブマンレース最終戦の参戦レポート最終回です。

 

決勝が朝イチという新鮮な感覚

実は2Day開催のレースに出場するのが始めてだったので、決勝レースに向けてホテルでイメトレするのが新鮮でした。朝イチで受付や車検が無いのでのんびりサーキットに出発できるのも新鮮でした。

 

決勝1

決勝1は9時からスタート進行が開始されて予定通りにスタートしました。シグナル消灯と同時に良いスタートが切れて1台をかわしたのですが、2速から3速のシフトアップをミスして失速、2台ほどに順位を奪われました。S字でも場所取りに失敗して失速、さらに2台に抜かれてしまいました。ここから気を取り直して前を追いかけ2つ順位を戻して決勝1はチェッカーを受けました。

 

決勝1結果:23位

 

決勝2

決勝1が不甲斐無く終わってしまったので気を取り直して挑んだ決勝2。新品タイヤに入念に熱を入れて挑んだスタートは抜くことも抜かれることも無く1・2コーナーを抜けました。ただ決勝2は全体的に荒れていて最初の1・2周目で飛び出すクルマが続出し自分が何位を走っているのかわからないまま前のクルマを追いかけ続けました。残念ながら1台もオーバーテイクすることはできませんでしたが、生き残り作戦で順位は大幅に上げることができました。

 

決勝2結果:17位

 

日付が変わる前に帰宅

レースが終了して正式結果が出るのを待って撤収をしたわけですが、帰りの道中が果たして何時間かかるのか不安だったのです。三重・名古屋の道路事情がわからないので日付変わるのも覚悟していたのですが、18時に鈴鹿を出発して22時頃には自宅に帰れているのが大収穫です。鈴鹿サーキットがすごく身近に感じられた瞬間でした。

 

まとめ

2020年唯一のレースが終了して感無量です。初走行のサーキットに事前練習無しで挑むというのが今回のテーマのひとつだったわけですが、トップランカーには全く届かなかったものの、置いてけぼりを食うことなくレースできたことにホッとしています。今のモチベーション的には来年も出場する気満々です。来年は事前のテスト走行も含めてレースを組み立てていきたいと思います。

 

 

◆ちゃっく鈴木

Twitter : https://twitter.com/chack0325