ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

ストップウォッチ(タイム計測器どれ使う?)

みなさん、おはようございます。

 

今週はモータースポーツにおけるタイム計測機器を紹介していきます。

 

 

最初に紹介するのは

 

“ストップウォッチ”

 

です。

 

 

コースサイドのピットクルーが毎周計測して紙に記録してもらう昔ながらのやり方です。ピットボードにタイムを記載すればドライバーにもタイムを伝えることも可能です。個人的には1番確実で1番万能な計測方法だと思っています。

 

メリット

1番のメリットは安価な事です。ラップタイム計測可能なストップウォッチはホームセンターでも1000円そこそこで買えてしまいますし、最近はスマートフォンアプリのアプリで計測と記録同時にできるので紙さえも不要になってきています。

 

デメリット

計測してもらうためにピットクルーに同行してもらう必要があるのが最大のデメリットでしょうか。友人知人に同行してもらったり、サーキットを走る仲間に測ってもらいましょう。そもそもサーキット走行は1人で行って何かあると困るので、2人以上でいくのがセオリーです。サーキット仲間を作るきっかけにするのもアリかと思います。

 

 

最初にも書きましたが個人的には1番確実かつ万能な計測方法だと思っています。なんせピットに戻ってすぐに手書きのラップチャートがあるんですから。他の計測方式だとパソコンで取り込んだり、スマホで見たり、サーキットのコントロールタワーに行かないといけないのでね。

 

計測機器を高値で購入するのを悩んでいるくらいなら、友達をサーキットに誘ってタイム計測をお願いする方が断然良い。その友達もひょっとしたらサーキット走行に目覚めるかもしれなですしね。

 

明日はトランスポンダー方式を紹介します。お楽しみに。

 

 

◆ちゃっく鈴木

Twitter : https://twitter.com/chack0325