ちゃっく日記

クルマ好き x 運転好き = レース参戦

“目標”の設定が大切な理由

みなさん、こんばんは。

本日からブログの更新時間帯を夜に移動しました。理由は朝よりも夜の方が読まれやすいからです。これまで朝更新にしていたのは、ひっそりと更新したかったのが理由でしたが、アクセス数があまりにも悲しいとモチベーションが上がらないので夜更新にお引越しです。

 

今年に入ってレース復帰してからというもの、私自身の次なる目標を具体的に定めようと思考を巡らせているのですが、これがどうにも上手くできずフラストレーションが溜まってきています。

 

漠然とした目標は過去のブログに書いてあるのでこちらを見てください。

chack.hatenadiary.com

そもそも“プロに勝てるアマチュアレーサー”っていうのが漠然としすぎてる。そもそもプロのレーサーってなに?どこからがプロなの?とか考え始めると頭から煙が出そうになります。早いところ、これを達成したら“プロに勝てる=プロと対等”と言い切れる目標を設定して、それに向けて邁進したいです。

 

なぜもこんなに目標の設定にこだわっているかというと、目標がぼやけていると進む方向を間違えるからです。

 

例えば「北海道に行って美味しい海鮮丼を食べる」という目標を掲げたとします。パッとみ具体的になっているように聞こえますが、これだと北海道という広大な大地のどこに行くのわからないし、数多ある海鮮丼のどれを食べたいのかわかりません。これではせっかく北海道に行っても中途半端な海鮮丼を食べて帰ってくる可能性が高いです。

 

「北海道に行って美味しい海鮮丼を食べる」をもっと具体化するなら「北海道積丹に行って美味しいウニ丼を食べる」になります。可能であればこれに時間の要素を足して「8月に北海道積丹に行って美味しいウニ丼を食べる」の方が尚良いでしょうね。

 

レースに関しての目標設定も同じです。どれだけ目標を具体化できるかが最初の第一歩です。この目標が漠然としていると、その後の方策やロードマップも漠然としたものになって遠回りならまだしも目標に届かないことがほとんどです。

 

なのでこの目標設定だけは手を抜くわけにはいかない。もう少し無い頭捻って考えてみます。ではまた!